玉川学園
16/24

14TAMAGAWA ACADEMY世界の大学へのパスポート本柱玉川学園の教育3世界の大学へのパスポートDP取得率 88%(世界平均81%)DP取得者の平均スコア 30点(合格ライン24点以上)これまでの卒業生61名の内41大学57名の海外大学合格実績※2016年度実績Point国際バカロレア(IB)IBプログラムの特色と位置づけ世界を舞台に活躍できる人材の育成■玉川学園のMYP-DP一貫教育玉川学園IBプログラムの一貫教育体制International BaccalaureateInternational Baccalaureate Organization(IBO)=国際バカロレア機構とは、スイスジュネーブに本部を置く非営利団体です。同機構が提供するIBプログラムは、海外に滞在しながら大学進学を目指す生徒たちが国という枠を越えて通用する共通カリキュラムを必要としたことから開発された、世界的に知名度の高い国際プログラムです。IBの特色は、世界標準のカリキュラムとIBディプロマ(DP)の統一試験にあります。さらにIBOの規程に基づき標準化された評価法の透明性と厳格性はDP最終スコアへの高い信頼性に繋がり、同スコアは欧米を始めとする世界中の大学の入学資格として広く受け入れられている点にあります。IBプログラムには、3歳~12歳を対象としたPYP(Primary Years Programme)11歳~16歳を対象としたMYP(Middle Years Programme)、高等学校の最終2学年を対象としたDP(Diploma Programme)があります。玉川学園は2007年4月よりIBプログラムを取り入れ、2009年3月にMYPの認定、2010年7月にDPの認定を受け、IBスクールとしての教育活動を展開しています。MYPとDPにはIB教育理念・手法をベースにした一貫性があります。両プログラムでは、各教科を横断的に関連づけて学ぶ姿勢を身につけ、多角的・客観的な観点からの判断力(クリティカル・シンキング)を養うという点でつながっています。玉川学園では、MYP-DPの一貫教育をIB三公用語の一つである英語で実施しています。国際バカロレア(IB)プログラム国際バカロレア(IB)プログラム世界標準の教育DPでの学びの基礎作り(7〜10年生)MYP高等教育への準備コース(11〜12年生)DP世界統一試験(DP取得要件)IBDP試験世界の大学の入学審査に採用されている国際標準スコアDP取得◀◀◀IBプログラムについて詳しくはこちら

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る