玉川学園
10/24

8TAMAGAWA ACADEMY本柱玉川学園の教育3を叶えた先輩たちからのメッセージ玉川学園は、様々なことにチャレンジすることができる環境が整っており、あらゆる夢へ向かって努力する生徒にとって最適な学校です。留学生の受け入れ人数も多く、異文化と触れ合う機会が多いです。私は、世界中の高校生が集う「Round Square」国際会議に参加し、グローバルイシューについて学び、議論を交わし、交流を深めました。これらの経験から、社会に貢献する国際弁護士を目指すようになり、昨年アメリカのロースクールを卒業しました。他にも、在学中は学校の代表として英語でのスピーチコンテストなどへの参加、SSHの脳科学研究にも挑戦しました。英語のビジネスコンテストでは、日本大会で2位を受賞し、世界大会にも挑戦しました。これらの経験から、論理的思考力とプレゼンテーションスキル、そして挑戦する力を鍛えることができました。大倉 由莉さん2011年3月高等部卒業早稲田大学大学院法務研究科法務博士(専門職)課程 3年進学先15年間に渡る玉川の丘での学園生活は様々な生き物との思い出に溢れています。ダンゴムシを探して通園した幼稚部に始まり、5〜12年生の自由研究では生物の分野でプラナリアや大腸菌などの研究をしました。高校ではSSHの第一期生として脳科学の研究にも携わり、全国大会のSSH生徒研究発表会で発表の機会を頂くことができました。このような充実した学園生活は、私の生物に対する興味を見出し、褒めて、伸ばしてくれた先生方と、その興味を活かし、形にすることができた様々なプログラムの賜物です。今、私は大学院で海洋微生物の研究をしています。目には見えない微生物ですが、海には海水1mlあたり100万細胞(匹)も生息し、生態系を支える「小さな巨人」です。私は研究者として、これらの微生物の“生き様”を多くの人に伝える担い手となることを志しています。富永 賢人さん2011年3月高等部卒業京都大学大学院農学研究科 応用生物科学専攻海洋分子微生物学分野進学先教育に人間文化の全てを盛り込む教育に人間文化の全てを盛り込む全人教育人間文化の調和的な発展を願い、その理想を実現するために、12の教育信条を大切にしています。全人教育について詳しくはこちら

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る