瀧野川女子学園高等学校
13/36

12Sさん 私は、元々話すのが好きだったのですが、まとまりがなくて話したい内容が伝わらないことがあったんです。でも、学校で発表する機会を与えてもらって、経験を積んでいくうちに今は結論をつけて話せるようになりました。̶̶瀧野川女子学園はどのような学校だと思いますか。Nさん 先生も生徒も個性がある学校だと思います。生徒はそれぞれに色を持っていて、学校生活を送っていく中でその色を濃くしていけるのではないかと思います。みんな原色で、自分の考えや個性をしっかり出せる環境があると思います。発言するのが苦手な子でも一緒に過ごすうちに自分の色が出せるんじゃないかなと思います。Sさん ユニークな先生ばかりで、一度教わったら忘れられないぐらい個性があります。卒業しても、何回も学校に来ちゃいそうだなと今から予感しています。それぐらいこの学校に通って良かったと思っています。Nさん 私も、瀧野川女子学園に通っていなかったら、今の私はなかったと思っています。小学生のころは、何も考えていなかったけれど、瀧野川女子学園で過ごす中で、女子校の在り方を研究するために教育学部で学びたいとはっきり思えるようになったから。Sさん 目標を持って、推薦で大学を決められたのはうらやましいですし、あこがれです。Nさん Sちゃんは公募推薦受けるの?Sさん 私、実は狙ってはいるんです。Nさん 私たちの学校は向いていると思うし、絶対、Sちゃんは推薦が合う人だと思う。Sさん 第一志望校が結構高くて。Nさん その第一志望校を推薦で受けるべきだと思う。その方が後悔しない。公募推薦は偏差値じゃないなと思う。一般入試とは違うところを見ているから。̶̶後輩へのメッセージをお願いします。Nさん 自分を見つめ直す機会を与えてくれるのが瀧野川女子学園の魅力だと思っています。まだ将来について漠然としていても、安心して入学してきてください。これからどうしたいかを考えるきっかけが瀧野川女子学園にはたくさんあります。そして、先輩方をいっぱい頼ってくださいね。Sさん やりたいことを先生に伝えると、チャンスを与えてくださる学校だと思います。自分自身を変えるチャンスがいっぱいあります。(この対談は2017年4月に収録しました)Sさん 国際教養大学合格(後期日程)平成30年3月卒 89期生平成28年度、埼玉県・クイーンズランド州スカラシップ「高校生短期留学プログラム」では、埼玉県を代表して「埼玉親善大使」として選ばれた。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る