昭和鉄道高等学校
3/12

鉄道への道、進学への夢。生徒の個性や能力を伸ばしながら将来をしっかり支えていく昭和鉄道は今年で創立90周年。日本で唯一「鉄道」を冠した高校として、長い歴史と実績を積み重ね、いつも温かく生徒を見守り、夢や目標をサポートしてきました。鉄道は未来に向かって常に進化しています。2027年には東京・名古屋間がリニアモーターカーにより約40分で結ばれます。また、IOTやAIの普及も予測されています。昭和鉄道は、こうした時代に合わせ、社会で貢献できる人材の育成に全力で取り組んでいます。鉄道への道、進学への夢。生徒の希望を叶えるために、改革や進化を続けてきました。その結果、今春は、就職を希望した生徒の93%が鉄道業界に就職しています。女子も全員が希望する道に進みました。進学を希望する生徒も、難関大学をはじめ、志望校に多数合格しました。昭和鉄道は、すべての生徒が希望をもって将来に進むことができるよう、温かく、やさしく、時に厳しく、生徒の成長をしっかりと見守り続けていきます。★2017年度、第11回キャリア教育優良教育委員会、 学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰(学校の部)受賞卒業後は、多彩な進路が用意されています。TRENO SHOWATETSUDO LIVE MAGAZINE02鉄道会社を中心としたインターンシップ、工場での車両整備の見学、現場で実際に使用されている機材を使用した鉄道基礎実習など、実践的な学習機会を多数用意し、生徒の夢をサポートしています。また、LHRでは「自律」「創造」」「共生」を目標とし、グループディスカッションをはじめ、主体的な活動を積極的に行っています。鉄道業界をリードする人材を長年育成してきた独自のキャリア教育が将来につながっていきます。鉄道分野への進路など将来に活かせる学習が充実ホスタリティーマインドとは心のこもったおもてなしのこと。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの時に、サービス業に就いている人は、外国のお客様と接する機会も多くなることでしょう。昭和鉄道で学んだことが日常の業務で必ず役に立つように、身だしなみ、挨拶、敬語の使い方など社会人として必要なマナーを身につけるカリキュラムも用意しています。ホスピタリティーマインドが社会人としてのマナーや人間性を育む英数国などの一般科目は公立高校の普通科以上の授業数を設定しています。専門科目に加えて、充分な時間数が確保された一般科目で実力を養い、大学へ進学する生徒も年々増えています。また、昭和鉄道での授業に加えて、大学に進学したいという生徒の希望を叶えるために、併設する豊島学院高校の生徒と一緒に参加する進学プログラムなども用意しています。公立高校普通科以上の授業数で4年制大学への進学をサポート●本校は時差通学に取り組んでいるため、始業時間は9時です。6時限目の終了は15時20分です。車内サービス/ホテル業旅行代理店/車両製造メーカー小売り・ショッピングセンター事業不動産事業/スポーツ&レジャー事業保育事業/介護事業出版・広告・情報サービス事業人材サービス事業 ほか鉄道企業の関連業種大  学短期大学専門学校進 学一般企業公 務 員鉄道会社駅務車掌運転士本社部門運輸工務車両電気助役・区長一般職昭和鉄道高等学校

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る