玉川聖学院高等部
5/36

心が伝わるコミュニケーションというものは語学だけではできません。それに気づいた人は言葉を大切に学ぶようになります。一方的に話すだけでは、豊かな対話はできません。人の思いを聴きとれるようになった人が、人に伝わる表現をできるようになるのです。人をつなげる力は、人から学んでいくもの。ネイティブの教師が昼休みと放課後に常駐しているEnglish Lounge、時折英語のアナウンスが流れる校内放送、「5」の付く「    」では朝の礼拝は英語一色。日常の中に溶け込んだ英会話の機会が、心の通った表現力を養います。言葉を生かす広くて浅い情報を集めるよりも、深く考えることを通して自分にとって本当に大切なものを見つけませんか。高1、2年次の総合科人間学は、「自分とは何か」「人間とは何か」について、仲間と一緒にディスカッションや発表を繰り返す参加型授業。自分自身を深く掘り下げることによって、世界の人々に共通する人間の価値に目が開かれます。外部講師による体験授業からは、新しい視点や刺激的な発見を与えられます。人間を知ることは、私たちが平和をつくる者となるための大切な一歩です。人間を知る23世界を見る 人間を見出す 愛でつなげるLet’s語day5

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る