玉川聖学院高等部
32/36

東京にあるミッションの女子校の多くは中高6か年一貫教育を行っていますが、玉川聖学院では2018年度にはより募集枠を広げて、多くの方々に入学してほしいと願っています。中学では先取り学習をしていませんから、高校入学時から高校のカリキュラムを一緒に学べる環境でもあります。ほとんどの生徒は4年制大学に進学しますが推薦入学枠も充実しており、とりわけ東京近辺のミッション系の大学には100名近く(生徒の半数以上)の推薦枠があり、一般大学を合わせると  名以上の推薦入学枠をいただいています。また、本人の希望に即して一般入試やAO入試、自己推薦入試など多岐にわたる受験に対応する進路体制も整っています。350高校生の多くは部活に所属し活動を楽しんでいます。運動系、音楽系、芸術系などのクラブで一生懸命活動をしています。生徒会活動も盛んで、ボランティア活動や国際的な交流体験などの機会も数多くあります。学校全体が盛り上がる行事も多く、一体感や感動を共に味わえます。4私立学校の弱点は保護者の経済的負担の大きさでしょう。良い教育を受けるために費用がかかることを心配される方も多い事と思います。玉川聖学院では私立の特色ある充実した教育を多くの方々に体験していただきたく、保護者の経済的状況に合わせた奨学金制度を導入しています。キリスト教精神に基づき平等で分け隔てない教育を実現することを目指しています。中高等部長水口 洋高校での学習プログラムが充実しています。きめ細かい少人数の段階別授業や進路を意識した選択授業など、個々人の状況に合わせた学習ができるようなカリキュラムが組まれており、放課後や夏・冬休み等の無料の補習や講習も数多く設置されています。本気で学びたい人たちに応答する体制が整っています。3豊富な指定校推薦枠多岐にわたる受験に4充実した学校生活5経済的負担少なく豊かな私立学校の生活を提供します!1高校から入れるミッション女子校2進路を実現できる学校充実したプログラムで対応する体制十分に体験し、安心して学習できる学校生活32

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る