玉川聖学院高等部
31/36

本学院では、学内外の奨学金制度等により生徒の皆さんの就学について、経済的な側面からバックアップしております。個別の経済状況等に応じて受給資格の可否が判断されますが、支援の必要な方には、入学金については2分の1、その他の学納金については、公的奨学金の受給状況や緊急性に応じて授業料の半額から全額相当額(原則半額)を減免する制度があります。入学に際して寄付金や学校債の募集はありません。年間授業料468,000円(月額39,000円)教育充実費84,000円(月額7,000円)学年積立金150,000円(月額15,000円4月~1月施設費就学支援金実納付額例(支給される場合)75,000円(4月に納付)PTA入会金3,000円(入学年度のみ、4月に納付)PTA会費10,000円(4月に納付)生徒会入会金1,500円(入学年度のみ、4月に納付)生徒会費4,800円(4月に納付)同窓会積立金10,000円(4月に納付)入学金を除く初年度納付金額806,300円687,500円△ 118,800円住民税課税額(年額)等の基準により対象及び給付額が決まります。①高等学校等就学支援金(国の制度)給付額(年額)118,000円~297,000円給付対象になった方は、就学支援金(①)とあわせて、442,000円給付されます→上記の入学金を除く初年度納付金806,300円が364,300円になります参照サイト「文部科学省、高校生等への修学支援」http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1350167.htm「高等学校等就学支援金リーフレット(PDF)」参照サイト「東京都私学財団、 私立高等学校等授業料軽減助成金事業」http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pa_jugyoryo.html「保護者負担軽減リーフレット」②東京都私立高等学校等授業料軽減助成金(都内在住の方)給付額(年額)145,000円~323,200円学費/奨学金制度奨学金制度等学費2017年度学費は以下の通りです。2018年度の学費については若干変更する場合があります。             )学内制度対  象 就学を続けるにあたり経済的支援の必要な生徒給付期間 給付決定時から卒業まで。ただし、年1回の継続手続きが必要入学時に納付する負担軽減のための貸与制度 (原資は東京都私学財団)公的な給付制度玉川聖学院奨学金 (給付)対  象 都内在住の高等部入学者返済期間 在学期間内玉川聖学院入学支度金 (貸与200,000円)※無利息副教材、iPad、行事、修学旅行等積立31

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る