国士舘高等学校
6/28

国士舘の学校生活で学べるのは、社会で生きていくために必要な要素夢中になれるものを見つけて頑張りぬく力を身につけて下さい国士舘の建学の精神である『誠意・勤労・見識・気魄』は、社会で生きていくために必要な要素だ思うのです。例えば『誠意』は、自分本位ではなく人のために行動をすることで自分の気持ちもよくなりますし、やがてはその行動(誠意)は自分にも還ってくるなどの繋がりを生み出します。服装などの決められたことしっかりと守ることは『勤労』に結びつき、『見識』『気魄』なども普段の授業や国士舘独自の「武道」の時間などを通じて学ぶことができました。結局、人は勉強だけをしても社会で生きていけません。だからこそ、そういった一人の人間として世の中で生活できる基本的なルールやマナー、活きるために必要な“術”を学ぶことが大切で、それをカバーしてくれるのが『4つの精神』だと思うのです。そういったことを踏まえて、高校では何事においても自分で考えて行動する力や思考力を身につけてほしいですね。それはたとえば委員会活動や部活動をすることで手にすることができるものですし、そもそも国士舘はどんな進路・方向性にも対応できる“流れ”や雰囲気のある学校です。学力のみではなく人間力(=国士力)を育てたいという国士舘のスタイルは、皆さんの可能性を大きく広げてくれるものなのです。シンクロと学業を両立したくてスポーツ活動に理解のある国士舘に入学したのですが、在学中はシンクロも勉強も、ただただ頑張るだけの毎日でした。先生には日頃から「なにごとも最後まで諦めないで、きちんと向き合いなさい」といつも励ましてもらっていました。教職課程を履修した大学時代も大変でしたが、それを乗り越えられたのは、高校時代があるからかも知れません。これから高校生になる皆さん、一生懸命になれるものをみつけて、頑張りぬく強さを持った人になってください。周りの人々は頑張る人を応援してくれますよ。教育国士舘の 国士力相模原市立小学校 教諭萩原奈津子さん私立国士舘中学校 出身平成20年度 高等学校 卒業平成24年度 国士舘大学 体育学部 こどもスポーツ教育学科 卒業社会人大学生川合 遥世さん私立国士舘中学校出身平成27年度 高等学校卒業立教大学に1年間在学後早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科 1年Kokushikan senior high school 20185

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る