国士舘高等学校
5/28

 国士力聞き入れる力、反省することの大切さ。大事なのは、目的意識を持つことです。“自分だけじゃない”という心強さを感じながら、頑張れるときがあります。対 談校長 福田 三郎先生副校長 岩渕 公一先生3年 進学クラス水泳部M・Tさん3年 進学クラス硬式野球部Y・SさんQ 国士舘は先生と生徒の距離感が近いという声を聞きますが、いかがですか?M・T 実際、先生方は気軽に話しやすくて、質問しやすいです。Y・S イメージと違いました(笑)。校長 先生方はいろんなことを知っていて、階段や廊下で生徒と「昨日の試合どうだった?」みたいな感じで自然に生徒と話をしていますよね。岩渕 その中でも本校の先生と生徒の間にはけじめと“一線”があります。そういった良い関係性ができれば、注意をすることもできるわけです。卒業生が「あのときに注意されておいてよかった」とか「あのときによく面倒をみてもらえてよかった」と両方の感想をいいますが、それが教師と生徒のつながりで、本校のいいところだと思いますね。校長 そんななかで、いろいろ失敗をしながら学んで欲しいなと思うのですが、二人はどうですか?I・S 中学までは失敗を怖がってできなかったことが多かったのですが、国士舘では部活でも普段でも先生から「失敗して覚えなさい」ということよく言われていて、すべてのことに対してチャレンジする気持ちと力はついたと思います。M・T 私も、失敗してもいろんな人が支えてくれたりとかして、“もう一回!”とか“次はこうしたらうまくいくかな”って考えて、行動できるようになりました。校長 そういう気持ちが原動力になっていくんですよね。引いてしまうと足が前に出なくなりますからね。岩渕 そのためには聞き入れる力を養うことも必要ですよ。失敗は人のせいではなく、反省することが大事です。本校の創設者である柴田德次郎先生の仰った「読書」「体験」「反省」はそういうことだと思うのです。学び、実践し、反省をする。だから次に進めるわけです。Y・S 野球部の監督とかに言われて納得しないことは多いんですけど(笑)、でもやってみたら結果が出たというのがあるので“まずはやってみようかな”っていう気持ちに最近なってきました。M・T 私も先生から文化祭の準備などでいろいろ指導受けて、“なんでこんなことをやらないといけないの?”とか“なんで自分だけ…”っていう気持ちがあったんですけど、活動していくうちに先生が本当に伝えたかったことがわかってきて、やりがいを感じて、先生に対して感謝の気持ちが出てきました。岩渕 そういった過程には挫折もあります。そのときに困った人を助けてあげる。助けてもらう。そうして恩を忘れない人間になってもらいたいわけですよ。そのためにも、一番大事なのは目的意識です。目的は土台です。M・T 目的意識の大切さは凄く感じます。目的があるから頑張ろうと思えるし、周りにたくさんライバルがいても、思いが強ければ、そこにたどり着けるんじゃないかな…と思います。校長 どこをどうすれば課題をクリアできるんだろう…とかというのは、自分だけの視点ではなくて、第三者に指摘してもらうということも必要ですよね。そういったことをくり返しながら課題と問題意識を見つけながら行くのが一番いいでしょうね。Y・S 実際、これだけ頑張ったという自信と、自分だけじゃないという心強さを感じながら頑張れるときがあります。校長 そんなふうにステップアップしていきながら、自分の将来に希望を持って一歩一歩確実に踏み出してください。4Kokushikan senior high school 2019

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る