村田女子高等学校
28/32

村田インフォメーションINFORMATION村田女子高等学校Q&AFAQまずは両校の教員や職員の交流です。広尾学園から昨年度は教頭を招き、今年度は学園長を含めて4名の教員が加わりました。村田女子の教員が広尾学園で授業をしたり、広尾学園の先生が村田女子で指導に当たったりしています。交流で大切なのは両校の先生方の指導力向上です。広尾学園と村田女子の先生方が合同で教員研修を実施し、互いが切磋琢磨して指導力を高め合っています。また、広尾学園には富士見スコレーという校外研修施設があり、村田女子の校外施設には広大な市川グラウンド、テニスコート3面があります。それぞれの施設を相互利用することで両校の教育活動の幅はよりいっそう広がっています。その他、教育に関連する事項で連携を深めていくことになります。Q 広尾学園との教育連携について教えてください。Aクラブ活動も高校生活の大切な時間と考え、学校をあげて応援しており、ほとんどの生徒がクラブに所属しています。Q クラブ活動に参加している人はどれくらいの割合ですか。Aバイクや自動車の運転免許取得は認めていません。Q バイクや自動車の運転免許の取得は認められていますか。A24時間体制の警備により生徒の安全を確保しています。校舎外部は常時モニターで監視し、出入口はオートロックされ、インターホンのモニターで確認のうえ解錠するシステムになっています。また、震災等の災害に備え、3日分の水と食糧、ブランケット、ヘルメット等も備蓄。施設内に設置された緊急地震速報システムにより気象庁からの地震警報が即座に全館放送で流れます。Q セキュリティ及び震災時等の安全対策について教えてください。A3週間ホームステイをしながら現地の先進的な高校に通います。バディと呼ばれる同年齢の高校生が一人ずつ学習や生活をサポートしてくれます。一生の友人を得るでしょう。2020年度も夏休みを利用して、オーストラリアまたはニュージーランドの語学研修を目的とした短期留学のほか、3ヵ月のターム留学もあります。グローバルリーダーシップコースの生徒は2年時に実質、保護者負担なしでターム留学に参加します。Q 留学制度はありますか。  A昼食は原則としてお弁当を用意していただきますが、注文販売によって昼食を校内で購入することができます。Q 給食や学食はありますか。  A一般的な校則です。生徒全員が安心して学校生活を過ごすためには「すべて自由」では成り立ちません。制服の着方から髪型、生活習慣などの決まりを守ってこそ、自分らしさを発揮できます。Q 校則は厳しいのでしょうか。  A自転車登校は認めていません。Q 自転車登校は認められていますか。  Aプール施設がありませんので、水泳の授業はありません。Q 水泳の授業はありますか。  A留学先の学校が正規の教育機関であり、留学の目的が本人にとって教育上有益だと判断される場合、期間を定めて留学を認めます。復学する学年については審査のうえ決めます。Q 長期留学はできますか。  A2学年進級時に生徒の希望と学校の判断により、コース変更を認めています。ただし、成績等について審査があります。Q 入学後にコースの変更はできますか。  A携帯電話の持ち込みは認めていますが、ルールがあります。朝礼時、生徒は携帯電話を担任に預け、終礼時に受け取ります。Q 携帯電話の持ち込みは認められていますか。A26 MURATA GIRLS’ HIGH SCHOOL

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る