村田女子高等学校
11/32

EDUCATIONAL SUPPORT / 学習指導ICT教育教員研修学校生活における学びを充実させ情報リテラシーを身につけるために、生徒たちはICT機器を用いた学校生活を送ります。教材の受け取りや課題の提出、委員会や部活動などの連絡にも活用。また、授業の予習復習としてWeb上の映像授業を観たり、反転授業に使うなど学びを深めるために役立てます。さらにeポートフォリオという活動履歴の電子記録で、学校生活を自己管理。この記録は、大学受験時に「活動報告書」として提出します。毎週、教員研修会を実施し、「授業の質」を高めて生徒を力強く導くための時間にしています。合言葉は「面白くてためになる授業」の追究です。研修内容は授業力を高める技術研修だけでなく、大学入試改革や新学習指導要領などの最新教育情報の共有、真のグローバル教育とはどういうものかという本質論など、さまざまな課題を扱います。また、教育連携をしている広尾学園との合同研修や外部講師を招いた研修など、幅広くスキルアップを図ります。理解のスピードや達成度、目標は人それぞれ。生徒一人ひとりに合った個別指導を限られた時間の中で効率よく行うため、コースに応じたeラーニングシステムを採用しています。効果的に学力向上が目指せます。夜8時まで開いている自習室を設置。時間を有効に使い、集中して勉強に励むため、多くの生徒が利用しています。また職員室の前にも自習スペースを設け、教員やチューターに質問しやすい環境を整えています。eラーニングシステム自習室生徒一人ひとりの夢の実現のため、個別学習サポートができるチューター制度をすべてのコースに導入しています。チューターと教員が常に話し合い、教員による授業・放課後講習、チューターによる放課後個別指導、生徒による自宅学習が一体効果を発揮できるようきめ細やかにサポート。確実な学力アップにつなげていきます。またチューターは現役大学生が担当しているため、生徒の良き先輩として進路の相談に応えてくれます。チューター制度MURATA GIRLS’ HIGH SCHOOL 09

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る