麹町学園女子高等学校
4/12

 高大連携による東洋大学キャンパスでの受講、総合的学力を要する論文(「みらい論文」)作成への取り組み、中長期の海外留学や宿泊型セミナー研修を行う中で、目標を早期に確立して、自らの社会人像を視野に入れた豊かなスクールライフを実現します。また、自学自習・クラブ活動・課外活動など生徒の創造力を伸ばす時間が充実している点も、東洋大学グローバルコースのメリットです。 高い志と意欲あるキャリア形成に向けた「いま」の充実が、「みらい」に羽ばたく生徒の確かな力になっていきます。 本コースは、大学進学のための学び(いわゆる“受験勉強”)だけにとらわれない豊かな「みらい」を自らデザインしていくための学びを可能にするコースです。その利点を活かして、「みらい」に向けて「いま」できること、「いま」しかできないことを最大限可能にします。KOJIMACHI GAKUEN GIRLS’3「みらい」をデザインしていく3年間 麴町学園の教育は、世界に通用する「みらい型学力」を身につけることを目標としています。「みらい型学力」とは、これからの世の中をよりよく生きていくために必要不可欠な能力を指すだけではありません。多様化する社会にひるむことなく「しなやかに、たくましく」対応していくことのできる柔軟性も体得していることを意味します。 この「みらい型学力」を身につけるために、麴町学園独自のキャリア教育「みらい科」を基盤とし、グローバル人材の育成を目的としたグローバルプログラムと連携した豊富でアクティブな活動を通じて、グローバルにもローカルにも活躍できるストライクゾーンの広い人材を育成します。そして、世界に羽ばたくために必要なのは、なんといっても英語力。本学園英語科特別顧問・安河内哲也先生監修のアクティブイングリッシュプログラムで、楽しみながらゆるぎない英語の力を身につけます。また、アクティブイングリッシュだけでなく、子どもたちの隠れた能力をひきだすチャンスを逃さないために、あらゆる場面でアクティブラーニングを展開しています。生徒たちは、「自分からアクションを起こしたら、いろいろなことがわかってくる!」という楽しさを全身で感じながら、自信を身につけていきます。 ワクワクドキドキしながら一歩一歩成長の階段を上る。そんな学校生活が、麴町学園にはあります。麴町学園の「みらい型学力」~しなやかにたくましく~自分なりの明確な目標を持ち、それに一歩でも近づこうと努力することが大切です。高校生時代は人生の大きな岐路です。努力することの大切さを教え、生徒が考えた目標をより高いレベルで実現できるようサポートすることが麴町学園の重要な役割です。聡明・端正■主な取り組み海外研修(全員必須)東洋大学セミナーハウス研修(協働を重視したプロジェクト学習)グローバルプログラム(国際理解教育)/みらい科セミナー(総合キャリアスタディ)みらい論文プレ(論文作成基礎)  みらい論文作成(自ら設定したテーマでの論文作成)高校1年高校2年高校3年◆オリエンテーション合宿◆体育祭◆海外留学(希望制) 短期・中期◆学園祭◆合唱祭◆体育祭◆海外留学(希望制) 短期・中期◆学園祭◆合唱祭◆修学旅行◆進路選択◆体育祭◆海外留学(希望制)◆学園祭◆みらい論文発表会みらい論文プレ・みらい論文 自分の興味・関心のある事柄について文献調査・実態調査などを通じて分析をし、他のゼミ生と議論を交わし、問題点を明らかにしながら自分の考えを掘り下げ1万字の論文に挑戦します。研究を通じて自発的な学びが促されるとともに、これからの時代で求められる論理力や表現力も十分に身につけていくことができます。麴町学園の教育理念教育ビジョン豊かな人生を自らデザインできる自立した女性を育てる。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です